株式投資における自分ルールをつくる

こんにちは。しょぼいサラリーマンの豆作(マメサク)です。

この記事はしょぼいサラリーマンが経済的自由になるまでの株式投資日記です。

こんな人に読んでもらえたら。

  • 株式投資を始めたばかりの人
  • 素人投資家の投資行動を参考にしたい人
  • しょぼい個人投資家の成長を暖かく見守ってくれる人
  • この投資日記は2019xxxx頃の話です。

この投資日記は2016年11月頃の話です。

前回の【はじめて損切りをする】の続きです。

 

失敗から学ぶ

決算短信を見て、カヤック(3904)のことをよく知らずに買って損をした経験から、「株式投資における自分ルール」を二つ制定しました。

いくら決算短信が悪くない結果であっても、市場が期待した程ではなかったと判断すると、株価は下がるときは下がる。

それは、マーケットが東証一部、二部、マザーズ、JASDAQに関係なく起こりえます。

他にも、なんらかのニュースが出ると市場は反応します。

でも、その反応具合はマザーズやJASDAQに比べると、東証二部の方が穏やか。

東証二部に比べると東証一部の方が穏やか。

マーケットについて調べれば調べるほど、「マザーズやJASDAQは一獲千金狙えまっせ〜。せやけど、素人が手を出したら痛い目みまっせ〜。」と聞こえてきました。

小心者ですので、怖いです。

ということで、取引市場は東証一部のみとしました。

あと、含み損を抱えることがかなり嫌なので、損切りをする閾値を −5% に決めました。

従いまして、自分ルールは、

一、取引は東証一部のみとする

一、損切り閾値を −5% とする

を制定しました。

投資のことについて勉強していると、やはり投資で結果を出している人は、なんらかの自分ルールを設定しており、それを忠実に守っているようです。

ルールに則って、淡々と機械的に取引を遂行できる人が結果を出しているのですね。クールですね。

取引に感情が入り込むと、絶対に悪い結果となります。

投資をはじめて3年経ちましたけど、未だに取引に感情が入り込みまくります。

実は、感情が入るせいで自分ルールをしばしば守れないこともあります。

情けないです。

ちょっと損切りの閾値を −8% くらいに変更しようかと悩んでいます。

 

今日はここまで。

つづく。

next.【投資先を考える】

コメント

タイトルとURLをコピーしました