テーマ株を買う

こんにちは。しょぼいサラリーマンの豆作(マメサク)です。

この記事はしょぼいサラリーマンが経済的自由になるまでの投資日記です。

こんな人に読んでもらえたら。

  • 投資を始めたばかりの人
  • 個人投資家の投資行動を参考にしたい人
  • しょぼい個人投資家の成長を暖かく見守ってくれる人

この投資日記は2017年2月〜7月頃の話です。

前回【自分ルール守れない 損切りが難しい】の続きです。

 

テーマ株で痛い目をみる

【今回の記事で出てくる新しいキーワード】

  • テーマ株
  • ブロックチェーン
  • 仮想通貨
  • さくらインターネット
  • ウルフ村田さん
  • 株主優待

 

りそなHD(8308)と五洋建設(1893)を手放したので、日医工(4541)しか保有しておらず、余剰金が遊んでしまっている。

遊ばせておくのはもったいない。何か新しい銘柄を買おうと思い、流行りのテーマとやらを調べてみました。

いわゆる「テーマ株」です。

その中で、チラホラと日常生活で「ブロックチェーン」という言葉を耳にする機会があったこともあって、テーマは「ブロックチェーン」から銘柄を選ぶことにしました。

どの銘柄も、それなりに高額で余剰金程度ではちょっと手が出せないものが多かったと思います。

そんな中、お手頃価格のさくらインターネット(3778)が目に止まりました。

ほとんど、さくらインターネットのことを調べもせず、いつもの「ほしい。ほしい。」発作が・・・。

よし。「さくらインターネット、君に決めた!」

買おうと思い立った日の前日に、前日比 −¥124(−10.9%)と大きく株価が下落した状態ではあったけれども、「ほしい。ほしい。」発作が出てしまうと、周りが見えなくなって、「ブロックチェーンはこれから必要な分野やねんから、絶対上がるわ。」みたいにポジティブシンキングになってしまったんでしょうね。

今の僕なら絶対に買わないタイミングです。

まあ、だからですね。悩むことなく¥1015で購入しました。

前日に大きく下落した理由は、決算を下方修正した上に公募増資を行うと発表があったからです。

これまた、今では絶対に買わない判断になるはずの発表内容です。

数日後、さくらインターネット、公募価格を¥976と発表。

「そんなん発表されたら、そりゃ下がりますやん。」

はい。下落の下落です。

でも、僕は学んでおります。今回は、自分ルールを厳守のために逆指値を設定していました。

そして、見事に約定です。

¥1015で購入して¥964で売却したので、−¥51 (−5%) でした。

「あ〜ぁ。」

でも、

「ん?売った後は安定しているな?」

「なんか、このまま損して終わるんは悔しい。」

ということで、また、¥953で買っちゃいました。

でも、残念ながら。ここから、さらにズルズルと下落が始まりました。

結果、二度目の損切りとなると躊躇してしまって「自分ルールの −5% で損切り」を守れずに、¥880まで握り締めてしまい、結局、¥953で購入して¥880で損切りしたので、−¥73 (−7.6%) でした。

とほほ・・・です。

その後、女々しく株価チェックをしていたら、¥805を底に反発したので、つい、¥847で再々購入してしまいました。

すると、突然、「ポーン」と急に¥978まで上昇しました。

「何があったんや?」

どうやら、投資家の「ウルフ村田さん」がTwitterでさくらインターネットのこと何やらつぶやいたみたいです。

影響力すごいな。

とにかく、「ってことは、これから上昇するんちゃうん?」ってちょっと嬉しかったことを覚えています。

でも、結果はその日を境にまた下落です。

そんな中、決算発表の日がやってきました。

さくらインターネット、予定通りの可も無く不可も無くといったところでした。

だから、次の日、やっぱり下落です。

もう、さくらインターネットで損はしたくない気持ちが最優先され、¥860で売りました。

¥847で購入して¥860で売却したので、+¥13 (+1.5%) でした。

でもでも、やっぱり、損した分は取り返したい。

だから、再再々度、¥854で購入してしまいました。

ほんま、なにしてるんやろう・・・。

でも、ちょっと今までとは様子が少し違う感じが。

購入してから、少しずつ上昇し始めました。

しかも、ちょっと「仮想通貨」関連で関係銘柄がザワザワしている。

この頃から、なんとなく仮想通貨銘柄に連動した動きになってきました。

さくらインターネット固有の懸念事項がひとまず落ち着いてきたから、「テーマ株」の一員としての動きになったのか?

そして、「テーマ株」全体が下げ始めたこともあって、少しでも今までの損を回収しておくために、¥935で売却しました。

¥854で購入して¥935で売却したので、+¥81 (+9.4%) でした。

少し損を取り返せたので、ちょっとだけ、気持ちが楽になりました。

ここで、さくらインターネットとはお別れをしておけば良かったのに、「もう少しだけ損を取り返せないかな?」と思って、¥939で再々再々購入してしまいました。

購入してからしばらくは株価に大きな変化もなく、なんらかのイベント待ちの状態が続きました。

直近のイベントといえば、あと二週間ほどで第一四半期決算発表が控えておりました。

どことなく、決算発表日に近づくにつれ、少しずつ下落しているような気もしていました。

悪い予感しかしない。

そして、待ちに待った第一四半期決算発表です。

前年同比、

  • 売上   +24.5%
  • 営業利益 −60.7%
  • 経常利益 −74.1%
  • 純利益  −83.3%

・・・ぜ、前年と比べて、だから・・もう織り込まれているから・・・大丈夫。

次の日、「あぁぁぁぁぁぁ〜。」

「自分ルールの −5% で損切り=¥892」で損切りできず、ただただ、下がるのを呆然と見ていました。

結局、¥859で損切りしました。

¥939で購入して¥859で売却したので、−¥80 (−8.5%) でした。

本当に損切りって大切だと思います。

損切りができるかできないかでダメージの大きさが違いますね。

色々考え方があるとは思いますが、僕は躊躇なく損切りができる投資家になりたいです。

ここで、ついに。さくらインターネットとは さよなら することにしました。

さくらインターネットでは、結局、通算−¥110 (−10.8%)でした。

ちなみに、さくらインターネットから株式投資を始めてから、初めて株主優待を頂きました。

それは、¥500のQUOカードでした。

株主優待をもらって素直に嬉しかったのを覚えています。

今日は、ここまで。

つづく。→【すごい銘柄に出会う 初めて株式分割を経験】

 

<この時の保有銘柄>

日医工(4541) 買値 ¥1619 この時の株価 ¥1696

 

本日の一言:「ほしい。ほしい。」発作が出てもしっかり調査してから、納得して買うこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました