すごい銘柄に出会う【初めての株式分割を経験】

こんにちは。しょぼいサラリーマンの豆作(マメサク)です。

この記事はしょぼいサラリーマンが経済的自由になるまでの投資日記です。

こんな人に読んでもらえたら。

  • 投資を始めたばかりの人
  • 個人投資家の投資行動を参考にしたい人
  • しょぼい個人投資家の成長を暖かく見守ってくれる人

この投資日記は2017年8月〜10月頃の話です。

前回【テーマ株を買う】の続きです。

 

変な名前のすごいやつ

【今回の記事で出てくる新しいキーワード】

  • 北の達人(2930)
  • 浮動株
  • 株式分割

 

さくらインターネット(3778)では損が出てしまったし、ずっと保有中の日医工(4541)も¥1600〜¥1800を行ったり来たりで、売るタイミングを見失っている状態でした。

そんな中、株式値上がり率ランキングと値下がり率ランキングにちょくちょく特徴的な会社名がランクインしており、気になっていた銘柄がありました。

ドゥルゥルルルルーーーーードゥン、北の達人(2930)です。

「変な名前やし、上昇したり下落したりでランクインするぐらいやから、ヤバイやつやろな〜」と横目で見ていました。

でも、この時はさくらインターネットを手放したというタイミングでもあったので、一体どんな会社なのかなと興味本位で調べてみることにしました。

健康食品や美容関係か。

なるほど。なるほど。

北海道ブランドか。北海道は人気あるよね。

ふむふむ。

決算短信は申し分ない。

ソワソワ。

業績はかなり右肩上がりか。

ほしい。ほしい。

出ました。「ほしい。ほしい。」発作です。

でも、今回は自分なりに調べてからの発作ですので、良い発作です。

落ち着いています。

それでは、買いましょう。

というわけで、¥1068で100株買いました。

今思えば、この時、このタイミングで北の達人に出会えたことは本当に幸運だったと思います。

しかし、値動きが激しい。

この時、浮動株数が少ない銘柄は値動きが激しいということを知りました。

なんの理由もなく、急に +¥85 してみたり、かと思ったら元の値まで一気に戻ったりと、忙しない。

それでも、第二四半期決算発表日に向けて徐々に上昇を始めました。

決算発表前日の株価は¥1347まで上昇しました。

そして、決算発表です。

売り上げが大幅上方修正との発表は出ましたが、通年の利益は据置きという内容でした。

かなり良い決算内容だと思いましたが、決算が良いことはすでに織り込み済みであり、市場の評価は、利益据置きに好感がもてなかったようで下落となりました。

決算発表から二日で −¥172 (−12.8%) です。

一旦、利益がある内に手放した方が良いのかな?どうしよう?

などと考えていたら、決算発表から六日後、株式を1株→2株に分割するとのIRニュースが出ました。

この発表を受けて、PTSは+¥150の上昇です。

株式分割はかなりポジティブな出来事であることを知ったので嬉しかったのですが、単純に持ち株が 100株→ 200株に増えることがめちゃくちゃ嬉しかったです。

これは、フガッ。フガッ。しましたね。

今日は、ここまで。

つづく。

next.【初の株式分割の後のストップ高】

 

<この時の保有銘柄>

日医工(4541) 買値 ¥1619 この時の株価 ¥1696(+4.7%)

北の達人(2930) 買値 ¥1068  この時の株価 ¥1182(+10.6%)

 

本日の一言:名前で判断してはいけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました